エンコミでのエンジニア人材紹介の流れ

2018年7月に自社開発限定の人材紹介サービスを始めて、これまで多くのエンジニアを企業へご紹介してまいりました。当社では、以前から人材紹介事業を行っていたものの、エンジニアの方をご紹介するのは初めてだったため、試行錯誤をしながら進めてきました。

今回は、エンコミでのエンジニア人材紹介の流れをご紹介いたします。今後、サービス向上をさせていくため、あくまで現時点での流れとなります。

エンジニアとして転職を少しでもお考えの方は、以下の内容も参考にしていただいて、お気軽にご連絡をいただければと思います。

エンジニア人材紹介までの流れ

①お問い合わせ
はじめに、当サイトからお問い合わせをいただきます。その後、メールにて以下の内容をヒアリングさせていただきます。
・転職希望時期
・希望勤務エリア
・強みとなる(アピールしたい)経験やスキル

②ご紹介できそうな企業の選定
当初にいただいた情報を確認して、ご紹介できそうな企業がある場合には、その旨をお伝えして、職務経歴書と履歴書、GitHubやポートフォリオの送付をお願いします。

③ご希望やスキルなどについて詳細なヒアリング
職務経歴書と履歴書の内容を踏まえて、より詳細なヒアリングをいたします。可能な限りお会いしてお話をお聞きするようにしていますが、場合によっては電話やオンラインでの面談もしております。

④企業のご紹介
具体的な企業をご紹介して、求人情報やHPなどを見ていただきます。応募のご意向があるようでしたら、正式に企業へ打診して書類選考に入ります。無事に書類選考を通過出来れば、面接へという流れとなります。

エンコミの特徴

エンコミの特徴としては、【企業に関すること】【スキルに関すること】を、それぞれ別の担当がしっかりとヒアリングしていることにあります。

 

【企業に関すること】=企業側の状況を理解している担当がお話しします。

①エンジニアの方の希望確認
・どのような企業を希望するか(会社の規模や業種など)
・どのような働き方を希望するか(年収、勤務エリアなど)
②企業の説明
・企業の状況(上場を目指しているなど)
・企業の雰囲気(オフィスの様子や社員の方の年齢層など)

エンジニアを募集する企業といっても、上場会社、上場を目指している会社、独自路線を突き進んでいる会社等、会社のステージは様々です。

そのため、エンコミでは、企業のことを理解している担当が、企業の状況をきちんとお伝えすることが大切だと考えています。

加えて、自社開発している会社だと、いわゆるIT企業という会社は少なく、教育事業・医療関連事業・不動産事業などIT事業以外の基幹事業を展開している会社がほとんどです。

そのような会社は、自社でシステム開発することによってより良いサービスを提供していきたいと考えているため、事業内容のご説明も大切だと考えています。

 

【スキルに関すること】=ITスキルを理解している担当がお話しします。

①現状のスキルの確認
・これまでのご経歴の中で、どのようなスキルが身についているか
・企業に開示できる成果物はあるか
②スキルアップの方向性
・今後、どのような技術分野の仕事をしていきたいか
・スキルアップに関するアドバイス(必要がある場合)

このことにより、企業が求めるITスキルの種類やレベルが、転職を希望するエンジニアの方とマッチしているかを確認しています。企業の事業内容などに共感できても、エンジニアとして転職を目指す以上、スキル面での親和性が高いことは不可欠となります。そのため、エンコミではエンジニア出身でITスキルを理解している担当がヒアリングを通じて判断しています。そして場合によっては、今すぐの転職を勧めるよりも、もう少しスキルアップしてからの方が、より良い条件での転職が可能と判断した場合、方向性を提案してスキルアップに取り組んでいただくこともあります。

つまり、エンコミでは企業面、スキル面のマッチングをしっかりと行うことで、根本的なミスマッチが発生しないように取り組んでいます。

企業サイドの声

エンコミをご活用いただいている企業からは、「面接したらそもそものスキルや方向性が合致していなかった」、「仕事内容を説明したら認識と違っていた」等という根本的なミスマッチが起きづらいため、当社からの紹介者を真剣に検討いただいております。総じて、「会社の説明だけでなく、スキル面も見ていただいているので安心して選考できる」というありがたい声をいただいております。

 

まとめ

エンコミがこのようなやり方をしている理由には、【転職することが目的ではない】と考えているからです。

一般的な人材紹介会社のビジネスモデルは、転職希望者を企業に紹介して、入社に至ればそこで紹介料をいただくという仕事です。

そのため、入社人数がそのまま売上に比例することになり、経営的にはどれだけ効率よく多くの方に入社してもらうかが勝負となります。

つまり、一般的な人材紹介会社は「転職」そのものが目的となります。一方で、企業と転職する方にとっては、転職そのものが目的ではなく、転職してからが本当のスタートになります。

だから、エンコミでは、無理な転職は絶対に勧めませんし、結論も急ぎませんし、他の人材紹介会社と並行して動いていただくことも全く止めません。

また、転職のご支援をしている途中で、「他の会社に内定をもらいました」というご連絡をいただくこともあります。

その時には、心から「良かったですね!」と言えます。それは全て、私たちが転職だけを目的としていないからです。

(本当にエンジニアのことを考えてこの活動をしていることは、以下の米村のブログからもご理解いただけると思います)

エンコミでは、これからもこの姿勢は絶対に曲げずに人材紹介をしていきますので、宜しくお願いいたします!!

 

※参考記事