上場準備会社の新規事業部門(自社システム開発)に転職

ご本人からは謙遜するコメントをいただきましたが、O様は仕事に対して前向きな姿勢が感じられました。主体的に考えるからこそ、明確な希望条件を複数お持ちで、そのようなことを満たせる企業を検討することになりました。 O様のこれまでのお仕事ぶりを細かくお聞きするにつれて、通常のエンジニアの採用ではなく、当社のお客様の新規事業部門でお仕事される姿がイメージできたので、そちらの会社に紹介し、社長面接と現場社員の方々と数回の意見交換を重ねた結果、無事に内定を獲得し転職されました。